最安値で全身脱毛を受けたい時の比較の仕方

キャッシングカード審査に必要な収入証明書類について

カードローンの審査の時には、免許証やパスポートなどの個人確認書類が必要となります。しかし、申し込みの際に必要なのはそれだけではありません。収入証明書類が必要になることがあります。源泉徴収票や給与明細、確定申告書が収入証明にあたり、それも同時に提出しなければキャッシング自体の申し込みができないこともあります。これは自己申告ではなく実際に働いて支払いを行っている人による「その人にこれだけお支払いを行っています」という記録です。これによって実際にその人がどれだけの金額を手にしているのかがわかります。年収100万円の人に100万円を貸したとしても、全額返済までには長い道のりとなってしまったり、借りた人が返済できずに任意整理や自己破産をしてしまえばそれは会社にとって損失となってしまいます。お金の貸し過ぎ、借り過ぎを防ぐためにも必要となってくるものです。
この対応は消費者金融などによって違い、1万円の借り入れから必要なところや30万円、50万円、100万円と高額の借り入れの場合にのみ提出が必要になる会社もあります。事前に申し込みを行いたい会社に収入証明が必要かどうかをホームページなどで確認しておくと良いでしょう。必要なことが分かった場合にはもう一度店舗に出向いたり書類を送る手間がかかってしまいます。すぐに発行できない場合もありますのでお金が必要なタイミングに間に合うように発行を行っておくようにしましょう。

レイク増枠のチャンスに考え直したい返済方式

レイク増枠をするときには改めて考え直したい返済方式があります。
利用者でも知らない方も多いようですが、新生銀行カードローンのレイクには2通りの返済方式があります。
「残高スライドリボルビング方式」と「眼底定額リボルビング方式」です。
いずれもリボルビング方式となっていますが、このリボルビングというのは利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れも返済もできるということ。
つまり30万円の限度額であれば返済をして余裕額が出たところでその余裕額をまた借りることができるというものです。

残高スライドリボルビング方式には最低返済額が月々決められています。
利用残高に応じてその最低返済額は変動します。
例えば10万円までであれば最低返済額は3千円、20万円までであれば5千円といったように決められています。
特徴としては最低返済額があるということはそれ以上であれば問題ないということです。
返済期間が長くなるとそれだけ余計に金利を支払わなくてはなりませんので余裕があるときには大目に返済していくことを心がけましょう。

元利定額リボルビング方式は利用残高に関係なく一律に決まっています。
特徴としては支払い開始から終了まですべてが一律の返済額であるということ、反面して一律だからこそ借入残高が多い時には利息に充当される割合が多くなるということです。
そのため元金は減りにくいという一面を持っています。

どちらの方が自分で返済計画を立てやすいのか、レイク増枠の機会に一度考え直してみましょう。