最安値で全身脱毛を受けたい時の比較の仕方

レイク増枠のチャンスに考え直したい返済方式

レイク増枠をするときには改めて考え直したい返済方式があります。
利用者でも知らない方も多いようですが、新生銀行カードローンのレイクには2通りの返済方式があります。
「残高スライドリボルビング方式」と「眼底定額リボルビング方式」です。
いずれもリボルビング方式となっていますが、このリボルビングというのは利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れも返済もできるということ。
つまり30万円の限度額であれば返済をして余裕額が出たところでその余裕額をまた借りることができるというものです。

残高スライドリボルビング方式には最低返済額が月々決められています。
利用残高に応じてその最低返済額は変動します。
例えば10万円までであれば最低返済額は3千円、20万円までであれば5千円といったように決められています。
特徴としては最低返済額があるということはそれ以上であれば問題ないということです。
返済期間が長くなるとそれだけ余計に金利を支払わなくてはなりませんので余裕があるときには大目に返済していくことを心がけましょう。

元利定額リボルビング方式は利用残高に関係なく一律に決まっています。
特徴としては支払い開始から終了まですべてが一律の返済額であるということ、反面して一律だからこそ借入残高が多い時には利息に充当される割合が多くなるということです。
そのため元金は減りにくいという一面を持っています。

どちらの方が自分で返済計画を立てやすいのか、レイク増枠の機会に一度考え直してみましょう。